YouTubeコンテンツIDで変わる著作権

2007年より導入が決まったYouTubeコンテンツIDにより、著作権の考え方を見直す必要性が出てきました。著作権を所有する人が動画をアップロードする際に、コンテンツIDを利用することで、1つずつの動画に目印を付けることができるようになり、Youtubeに違法でアップロードされている動画の著作権保護がしやすくなりました。

YouTubeにアップロードされる動画のなかには、映画や音楽、テレビ番組などもみられていて、著作権を持つ人以外がアップロードしたものもあります。個人の方も動画を見た際に、テレビ番組などがあることに問題があると感じていた方もいるはずです。著作権とは書物、音楽、映画などに関連するもので、一定期間権利を守るためにあります。著作権は営利で利用するときに関わってくるもので、個人が楽しむだけの場合は関係がありません。YouTubeに著作権所有者以外がアップロードするのも当然違法となるため、一般の人も著作権を見直すよい時期なのではないでしょうか。

著作権は知っているようで詳しく知っている人は少なく、自分が著作権所有者になってはじめて知ることも多いようです。YouTubeにコンテンツIDが導入されたことにより、一般の人にも深く関わってくる可能性があるため、詳しく理解しておくようにしましょう。著作権の詳細や、著作物を違法でアップロードする際の問題などを当サイトで紹介しますので、詳しく確認してみてください。