未分類」カテゴリーアーカイブ

テレビ番組をアップロードした場合

YouTubeを見ていると、たまにテレビ番組をそのままアップロードしている動画をみつけることがあります。テレビ番組も映画などと一緒の著作物ですから、当然YouTubeにアップロードすれば違法となるため注意が必要です。YouTubeへの動画アップロードは誰でもできるため、著作権をよく理解していない若い人や子どもが違法にアップロードすることもあります。または、違法であることを知りながらあえてアップロードするケースもあるかもしれません。

実はテレビ番組には映像以外の著作物も多く含まれており、違法アップロードはとても危険な行為なのです。歌詞や脚本、俳優、歌手、絵画などの作品、映画の製作なども関連しており、複雑に著作権が関係しています。テレビ番組で映像や音楽を使用する場合では、番組制作会社が著作権所有者に使用料を払ったり許可を得たりしており、勝手に使っているわけではありません。それを第三者が勝手に違法アップロードしてしまえば、重い罪となる可能性があるのです。

テレビ番組の違法アップロードについては、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金となります。法人が同様の行為をおこなった場合は、3億円以下の罰金です。違法を知りながらダウンロードした場合と比べて、違法アップロードの行為は重く考えられています。

違法アップロードの利用について

YouTubeのコンテンツIDで違法動画を簡単に管理できるようになったのはよいことですが、完全にすべての違法動画が削除できているわけではありません。そんなときに気になるのが、違法アップロードされた動画の利用のことでしょう。個人が楽しむために購入した音楽や映画などは、自分が楽しむために音楽を流したり動画を流したりすることは違法ではありません。では、違法にアップロードした動画などを見た場合はどうなるのでしょうか?

違法にアップロードされている音楽や映像の利用は違法にはなりません。ただし、YouTubeにアップロードされている動画などが違法であることを知りながら、自分のパソコンにダウンロードする行為は問題があります。この行為がたとえ自分だけが楽しむ行為であっても違法となってしまうのです。この著作権の侵害に対しては、平成24年の法改正により、2年以下の懲役または200万円以下の罰金が設けられました。

では、個人が歌う曲をYouTubeにアップロードした場合はどうなのでしょうか?YouTubeは日本音楽著作権協会と包括契約を結んでおり、協会が管理する曲をユーザーが歌った場合違法となることはありません。ただしこれはYouTube上にアップロードした場合に限ってのことであり、音楽の歌詞にも著作権はあるため、個人のブログなどにアップロードすることは違法になります。

YouTubeコンテンツIDで変わる著作権

2007年より導入が決まったYouTubeコンテンツIDにより、著作権の考え方を見直す必要性が出てきました。著作権を所有する人が動画をアップロードする際に、コンテンツIDを利用することで、1つずつの動画に目印を付けることができるようになり、Youtubeに違法でアップロードされている動画の著作権保護がしやすくなりました。

YouTubeにアップロードされる動画のなかには、映画や音楽、テレビ番組などもみられていて、著作権を持つ人以外がアップロードしたものもあります。個人の方も動画を見た際に、テレビ番組などがあることに問題があると感じていた方もいるはずです。著作権とは書物、音楽、映画などに関連するもので、一定期間権利を守るためにあります。著作権は営利で利用するときに関わってくるもので、個人が楽しむだけの場合は関係がありません。YouTubeに著作権所有者以外がアップロードするのも当然違法となるため、一般の人も著作権を見直すよい時期なのではないでしょうか。

著作権は知っているようで詳しく知っている人は少なく、自分が著作権所有者になってはじめて知ることも多いようです。YouTubeにコンテンツIDが導入されたことにより、一般の人にも深く関わってくる可能性があるため、詳しく理解しておくようにしましょう。著作権の詳細や、著作物を違法でアップロードする際の問題などを当サイトで紹介しますので、詳しく確認してみてください。